日曜行修会(平成25年7月28日)に参加して

大阪賛助会 五十嵐富治

7月28日の日曜行修会は、午前9時半~12時、高津宮にて37名の参加者があり、うち2名の方が初参加でした。

前半の屋外での体操は、岩永研修員の指導のもと、いつものように、呼吸操練、統一式運動法、積極体操等を順次実施されました。中間で、休憩があり、熱中症予防に、お茶の用意がありました。

? 

後半の屋内での行修は、岩永研修員により、誦句集の「大偈(たいげ)の辞」の詳細な解説がありました。

『我々の生命と造物主と称する宇宙霊は、繋がっている。

その繋がりを完全に保って行こうとするのには、自分の心を、造物主の心と同じ心の状態にするのが、一番必要である。

その為には、己の心を「尊く、強く、正しく、清く」する事である。

そして、自分が思ったり、考えたりする事は、常に積極的である事。

そうすると自然に自分の心と宇宙霊の心が、「ピターッ」と結びつく。』

等のわかりやすい説明がありました。

 

最後は、お茶会です。締めは、いつものように山田顧問からお話がありました。

今回は、天風先生がご在世中の大阪夏期修練会についてでした。

『当時、修練会は、通いで2週間あり、曽根崎小学校で行われた。

皆、弁当持参で、弁当に肉類、卵焼きは、禁止であった。

卵焼きをもって来た人は、ユーモアたっぷりの「ユーモア裁判」にあげられた。

・・・そして、2週間の修練会が終わった時は、天風会の体操と食事のおかげで、体が軽くなりました。』等の内容でした。

このお話は、来たる8月10日~13日開催の「多武峰夏期修練会」に参加される方にとって、よい刺激になったのではないかと思います。

平成29年6月24日(土)14:00から社会福祉会館において、講演会を開催します。
平成29年6月11日(日)9時30分から谷町9丁目高津宮で日曜行修会を開催します。

 

このページのトップへ▲