秋のハイキング報告(高槻摂津峡)

平成28年11月20(日)
最近ハイキングとなると雨模様でいい天気に恵まれませんでしたが、今回は久しぶりに行楽にいい天候となりました。
近場なので多くの方が参加してもらえるかと思いましたが、今回は11名の参加となりました。
電車で高槻まで行き、そこからバスで終点の上の口まで行きました。そこは摂津峡の上から下るコースなので比較的歩き易いところのつもりでした。
途中、皇帝ダリヤという余り見かけない背の高いダリヤがあり藤色のきれいな花が咲いていました。
さて、摂津峡に着き渓谷沿いを下るコースです。自然のままの余り整備されていない道のため、手を携えながらの行程で仲々ペースが上がりませんでした。
河の水はきれいで上流では釣り場もあり、川には十分魚が泳げるようなきれいな流れがありました。高槻市内からわずか30分ほどのところにこのような自然が残っていることに感動しながら、森林浴をしながら、川のせせらぎを聞きながらのんびりと歩くことができました。急な足場ではクンバハカをしながら歩くことを教わり、こんな時にも修練が積めるのよと先輩の教えを受けることができました。
このあたりは、古い時代の岩盤が沢山露出し、屏風岩や、八畳岩など大きな岩が沢山あり、また河の水量もあり結構見応えのあるところでした。
そろそろお昼になり弁当の時間となりましたが、行程の半分程度しか進んでなく予定のさくら広場まではまだあるので、どこか広場はないかと探していると、川のそばまで下りるとちょっとした広場があったのでそこでお昼としました。みんなでおやつを持ち寄りながら食べました。
午後はまだ半分程度あると思っていたのですが、以外と早くさくら広場に着きました。もみじ谷があるというのでちょっと足を伸ばしてもみじを樹の下から眺めてきましたが、もみじもちょうどいい色づきで例年より早めの紅葉を眺めることができました。
そのままゆっくりと下りバス道路まで出てバスを待って高槻駅まで行き、お茶をして帰路につきました。
日常を忘れて自然と親しむことができた1日でした。

記 上本 秀之

高槻摂津峡
作: 山田 千紫葉
・との曇り 摂津峡谷 冬紅葉
・ごろごろ岩 細き渓谷 ぬれ落葉
・解禁の 二字に釣人 紅葉谷
・「釣れますか?」 声する 紅葉山
・大岩と 川のせせらぎ 紅葉散る
・冬紅葉 にりて 転ぶなし
・皇帝ダリヤ 映ゆる美観に 立ち止まる
・鬼子母神 皇帝ダリヤの 真盛り
・読み難き 誓子の句碑や 紅葉散る
・山風に 散る散る落葉 総身に
・唐楓の 街路樹はるか バスを待つ

夏期修練会に向けた基礎行修会を平成29年7月2日(日)大阪社会福祉指導センターにおいて開催します。
平成29年6月24日(土)14:00から社会福祉会館において、講演会を開催します。

 

このページのトップへ▲