3月9日日曜行修会に参加して

大阪賛助会 五十嵐富治

3月9日の日曜行修会は、午前9時半~12時、高津宮にて42名の参加者がありました。

前半の屋外での体操は、岩永研修員の指導のもと、いつものように、呼吸操練、統一式運動法、積極体操等を順次実施されました。屋外では、薄着でしたので、寒く体が震えていました。でん部をしめあげ、思いっきりクンバハカ体制をとったら、震えがとまり、クンバハカの効果を感じました。

後半の屋内での行修は、岩永研修員により、黒表紙誦句集の最初のページ「我らの誓い」の詳細な解説がありました。

「今日一日だけ自分自身に対して誓いを立てる」という意味がある。

「今日一日・瞬間瞬間」を真剣に実践していく事が大切である。

都甲先生からも解説がありました。

自ら一言一言肝に銘じて実行しているか?自己に対する誓いを行えているか?

積極的な思考を生み出すための条件として、感情が整っていない限り、よい思考ができない。

安定打坐法をすることで、感情が整えられ、積極的な思考が出てくる。

安定打坐法は、正しい姿勢で行うことが必要である。

最後は、お茶会です。締めは、いつものように山田顧問からお話がありました。

三勿三行(さんこつさんぎょう)、すなわち「怒らず、怖れず、悲しまず。正直、親切、愉快」についてでした。

一例として、佐村河内守氏の作曲者偽装をあげて、嘘をつくのはいけない、ということをわかりやすく話されました。

なお、山田顧問は、「私は、詐欺等にだまされやすい」と知り合いから思われているようだが、

詐欺に直面しても、「暗示の分析」をしているので、やすやすとだまされない、とのことを

述べられました。

私は、詐欺等に直面しても「暗示の分析」を実施していることに感嘆しました。

お話を聞き、「暗示の分析」を含めた「積極精神の養成法」を日々、実践することに意欲が湧きました。また、「我らの誓い」は、毎日、新たな気持ちで、真剣に誓うように努めます。

平成29年8月27日9:30〜日曜行修会を開催します。
平成29年8月26日(土)14:00〜16:00大阪府社会福祉会館において、会員限定の研修科を開催します。
平成29年8月11日~14日 奈良県多武峰において夏期修練会を開催します。詳しくはトップページバナーをクリックして下さい。