天風みどり会 総会&懇親会(6月12日)に参加して

大阪賛助会  堀口なおみ

平成28年6月12日 高津宮にて午前中の日曜行修会に引き続き午後より天風みどり会の総会&懇親会参加しました。
総勢36名の方が出席され司会進行の柴さんのご発声により会が始まりました。
最初にみどり会会長の小柳さんより
「明るく元気よく集まって楽しくなることはみどり会の発展になりそれが大阪賛助会の天風会の発展になっていくと思います。
これからも発展に努力してゆきたいと思います。」と開会のご挨拶がございました。
続きまして五十嵐さんより平成27年度のみどり会の会計の収入の部と支出の部の詳細の報告がございました。
そして山田千紫葉先生より
「天風先生の教えを守っていたら元気で長生きになります。この会のおかげで米寿を迎えたことを喜んでいます。
元気でまだまだ長生きをしてオリンピックを迎えたいと思っています。」と乾杯の音 頭をとられました。
その後食事がはじまり山田先生からハイキングの時に作られました俳句の解説がありました。
1句1句の情景としもつけ草の句をご説明されたとき、何かを思い出したいときには思考作用の誦句を思ったらすぐに出てきたと教えていただきました。
そして柏木先生からは
「天風先生の生きられた時代背景ついて日本が開国をして中国に進出してと昭和史についてお話され、また釈尊の時代背景についても当時インドは商業がさかんで人が力をもっている時代にバラモンの血筋生ま
れが大事という風潮の中で釈尊が台頭し『自分の考えで人生をかえられる』『自分をたよれ。自らを照らして明るくして歩きなさい』と説いた。」と。さらに半藤一利さんと濱口梧陵さんのエピソードにも触れられました。
山野代表からは「和気あいあいと仲良く親睦を深めていただきたい。みどり会は仲良しの会の集まり。仲良く楽しんでください。」とのお言葉がありそして三木さんの歌からはじまり皆で順次 歌に詩吟に手品、当日参加されていました5歳のひろくんによる「森のくまさん」の歌に久しぶりに出席された方の近況と日々感じているお話やそして安岡先生の安定打坐の印の組み方や一心から無心への入り方等のお話など 穏やかで和やかな楽しい時間がながれました。
最後に三木さんから天風会の目的は日々精進して感応性能を高めていきましょう。そして大崎さんの先導で「力 勇気 信念」を皆で力強く唱えました。
午前中の日曜行修会でリフレッシュして午後からのみどり会では終始皆さんの笑顔が溢れていて穏やかで優しい時間が流れていたように感じました。

平成29年5月28日(日)13時から 谷町9丁目高津宮において、日曜セミナーを開催します。
平成29年5月14日高津宮において、9時30分から日曜行修会を開催します。
平成29年5月13日14時から社会福祉会館において、講習会を開催します。

 

このページのトップへ▲