研修科 講習会に参加して

 研修科 講習会に参加して

                       大阪賛助会 永木幸子

 今年度 最初の講習会は、今川講師による
「なぜ (なぜ我とは何ぞや)なのか?」 であった。

天風先生ご存命当時も、研修科を設け、
研心抄を中心とした講義をなされていたようである。

又、天風先生は 御本や 教義を
鵜呑みにしたり、癒しにしたり、宗教化するのでなく
「自分で考えろ。」 「思索しろ。」と
おっしゃっていたというお話であった。

さて 私達には
①意識できるもの ②意識できないもの が あるが
意識せずとも生命は保たれている。
その意識できないものに、いかに気づくか。
姿、形は見えないが存在するもの(霊魂)
霊魂=エネルギー(力)=作用力=命の力
そのエネルギーとは、心も身体も
うまくいくようになっている「無条件の積極」である。
その万人共通の与えられている 力 を 我々は
個人の実在意識で、塞いでしまっているのではないか。

元々積極である その存在を いかに取り戻せるか。
それには、本来の自分を知っていなければ取り戻せない。
その通路を開く事が出来る物、
それは、自身で扱える 心 である。

いずれにしても[心]がキーポイントになるようである。

今回 一度立ち止まって 自分とは何か?を
再考するという機会を、与て頂いた講義であった。

ありがとうございました。

平成29年11月18日(土)14:00から大阪府社会福祉会館において、講習会を開催します。
平成29年11月12日(日)9時30分から谷町9丁目高津宮で日曜行修会を開催します。
平成29年10月22日(日)9時30分から谷町9丁目高津宮で日曜行修会を開催します。